こんにちは。加藤ひとみです。

前回、ローションパックを長い間続けていた時期が
あったことをお話ししました。

ローションパックは一時とても流行ったので
されていた方は多いのではないかと思います。

そのとき使うローションや美容液に
合成界面活性剤が含まれていることに
その当時はまったく気が付きませんでした。

なぜかしっとりするのは、そのときだけで
お昼から肌がすごく乾燥するようになったのだけは
とても覚えています。

今思うと、肌バリアが壊れた肌に
合界入りのローションをたっぷり与えたところで
乾燥肌が解消するはずなどないんですよね。

私は若いころ、その当時は業界2位の
ある日本の化粧品会社のマーケティング部に勤務しておりました。

あまりブログではお話ししていませんが
そのため、化粧品会社の内部のことは詳しく知っています。

私が勤めていた頃は、
マッサージクリームが認知され始めたころでした。

美肌のために、マッサージを日課にしましょう
というものです。

それから、はがすタイプのパック
というのも流行りました。

今はあまり見なくなりましたが
(角質を無理やりはがすので)
当時は、はがす時に本当に肌が生まれ変わるような
錯覚をされる方も多かったように記憶しています。

私は10代後半から続いた肌アレがまだ治まっていなくて
それでも「内勤でも化粧は必須、化粧品会社なんだから」
という風潮のため、

新製品のファンデーションを使って
顔にたくさんぶつぶつを作っておりましたね。

サンケーキ、ってご存知ですか?
なぜかそのころ、夏用のファンデーションを
「サンケーキ」といっていたのです。

スポンジに水を付けて塗る「水あり」タイプ。
今では考えられないほど、厚塗りになります。

とにかく皮膚呼吸ができない感じ。
肌がもがき苦しんでいるような(笑)
それでも紫外線をちゃんと防ぎましょう、という意識が
そのころから化粧品業界でも認識されるようになってきました。

仕事がら色んな化粧品を使うことが増えて、
その後、結婚。

まだ肌荒れは続いていたのですが

自然派=肌に優しい
というイメージのある化粧品がその頃からどんどん出てきました。

ニキビは結婚して出産後も続いたので
どうにかしたくて、とにかく化粧品ジプシーです。

私は10代後半から20代後半ぐらいまで
ボコボコの赤い肌をしていたので
本当に肌はコンプレックスの塊でした。

女性がもっとも若く瑞々しいわれる時期に
肌アレで悩んでいたのですから

いまだに自分の心に、
美肌というものの探求心が根強く残っています。
だからここまで肌に良いものを追求しているのだと思いますね。

セリフはまだ製品数が少ないですが
満足いくスキンケアで考えると、ボディケアまで及びます。

顔だけ綺麗でも仕方ない。トータルのケアですね。

プレミアムエナジークリームは、
センチペタクンニンガミーエキスがもっとも高濃度に配合されているので
肌実感を得やすいのですが、

この効果をボディにも、というのが大きな目標です。

プレミアムエナジークリーム

それでは、また次回までごきげんよう♪