こんにちは。加藤ひとみです。

本格的な夏はこれからなんですが
今も昼間相当暑いですね。

子供の頃の夏はまれだった30度越えの猛暑日が
ここ数年は当たり前になってきました。

温暖化にともなって人間の体も
暑さに耐えられるよう進化していくのでしょうかね?

たるみは加齢以外、紫外線でも引き起こされるので、
熱中症対策だけでなく、
いかに紫外線を防いで美肌を保つか?

にも気を配らなくてはなりません。

せっかくケミカル絶ちできても
30分の直射日光に当たるだけで、日ごろの努力が水の泡になる、

それくらい紫外線は人間の皮膚を痛めるのです。

これは美容に関心がある人なら十分知っているであろう常識だと
私は考えているのですが、

昨日、カンカン照りの中を半袖で、
しかも日傘も帽子もなく歩く50代前半くらいの女性を見かけました。

お洒落にも気を配っている感じなので
美容に興味がないわけでもなさそうなんです。

近所のスーパーに買い物、という感じなので
たまたま日傘を忘れたのではないと思います。

かと思えば、男性が晴れの日に黒いこうもり傘をさして歩いていたり。

おじさんだけでなく、30代ぐらいの日傘マンを見たときは
なんだか嬉しかったです(笑)

なぜか顔まで男前に見えるんですよね!

セリフを愛用して下さっているお客様は
日中、無防備に太陽の照りつく中を歩いたりはしないだろうな、と思います。
 

<夏のべたつき対策>

セリフには、夏用と冬用の区別がありません。

昔は、夏は「パンケーキ」(懐かしい!)
みたいなのがありましたね。今もあるんでしょうかね?

すーとした清涼感のある、水を含ませたスポンジでつける、あれ、です。

しかし、季節により化粧品を変えることは
肌にストレスを与えることになるのを知っているので
セリフでは基礎にしろ、メイク品にしろ、季節ものがありません。

ただでさえ、気候の変化で体はもちろん、お肌もストレスを感じています。
そこで使用感だけで化粧品を変えることは避けた方が良いです。

でも、夏はセリフはべたつくのよね・・・
と言うときの対処法をお伝えしますね。

前にもお話したかもしれませんが、
基礎で整えたあと、日焼け止めを塗る際、
UVベースローションを数滴落として、まぜて使用する。

これでかなりべたつきが軽減されます。

また、UVファンデーションがべたつく気がする場合は、
UVベースを付けたあとと、ファンデーションのあと
2回ティッシュを顔にあてて、油分を吸収させるとよいですよ。

その後にUVパウダーを多めにはたけばOK!

UVパウダーをつけた直後は粉っぽくても
時間がたつといい感じに馴染んで、肌に艶がでてきます。

ティッシュを当てたらUV効果が薄れるんじゃないの?
という心配はいりません。
取れるのは油分のみです。

ただ、ティッシュでこするとUV効果が薄れるので
その点は気をお気を付けくださいね。

顔にのせて、軽く両手で押さえるだけですよ~^^

お昼の出先での化粧直しはUVパウダーのみで綺麗に整います。

(このとき、崩れが気になる場合は
あぶらとり紙かティッシュでおさえておく)

ちなみに、私は自然な艶感が好みなので
化粧直しの際もあぶらとり紙などは使いません。
なので、こまめにパフは洗うようにしています。

 
セリフ通信では、長く美肌を保てる情報を定期的にお伝えしてまいります。

それでは、また次回までごきげんよう♪