こんにちは。加藤ひとみです。

外を歩くだけでも汗が噴き出すとき。

メイクもすっかり流れてしまいますよね。

そんな時に気になるのは、UV対策。

せっかくUVベースやUVファンデをバッチリ塗って出かけたのに、
これだけファンデーションが取れたら
一から塗り直ししないと効果がないだろうな・・・

と思うことはありませんか?

私は以前、そう思っていました。

というか、美容雑誌には、お昼休みに
一度メイクを軽くクレンジングで落として、
化粧下地→ファンデーション→パウダーで仕上げる

とか書いてあったりして、
そんな時間どこにあんねん、と関西弁で突っ込んだりしてました。

上記は汗で流れたとか関係なく、
「化粧直しの作法」のような意味で書かれた記事でしたが。

しかし、当時、そのとおりに実行すると
明らかに肌に負担があると分かりました。

肌は「構い過ぎる」と疲れます。

話がそれてしまいましたが

「UVケアの観点から、汗で流れたときは
どこからメイクのやり直しをしたらよいのか?」

にお答えしますと、

セリフのメイク品の場合は、「UVパウダー」だけで十分です。

ティッシュペーパーなどで軽く肌を押さえたあと、
UVパウダーをそっとつける、

これだけでUVケアは持続します。

UVベースから塗りなおさなくて大丈夫です。

UVベールスノーパウダーは、
SPF50+・PA++++もあるので、
十分紫外線をカットします。

ちなみに、私は以前は、セリフを開発するまでは
パウダー類が苦手でした。

夏場でもファンデーションのあとにパウダーを重ねると
肌がカサカサしたり、かゆくなったり、ムズムズしたり、
良いことは無かった。

しかもほんのちょっとで肌に反応が出るのです。

メイクを落としたあとも、疲れた感じの肌になっていたりして
私にはパウダー類は合わない、と思っていました。

でも今回、セリフでパウダーを作って
初めて、パウダーを使えるようになりました。

というか、大好きになりました!

なぜ、パウダーが嫌いなのに、パウダーを作ったのか?

それは、パウダー類が好きな方が多いからです。

人によっては、ファンデーションはつけずにパウダーだけの
「パウダー派」の方も。

でも私の付け方は、必ずUVファンデーションの後にUVパウダー。

この方法の方が肌にツヤが出るように思います。

セリフのUVパウダーは本当にカサカサしません。

ツヤっとした感じに仕上がり、その前に付けたファンデーションに
よくなじみます。

イメージとしては、クリームタイプのファンデーションのあとの
テカり押さえ、という感じでしょうか。

SPF50+もあるのに、これだけ肌疲れがしないパウダーは
他にはないと思います。それぐらい自信作です。

紫外線カット成分はナノ化せず、ステアリン酸でコーティングすることにより
肌に直接当たらないよう処理を施しました。

だからパウダーが苦手な人も
肌がむずむずしたり乾燥したりしません。

汗で流れた後は
UVベールスノーパウダーで軽く押さえる。

これだけでOK。面倒くさいことはしなくて大丈夫です。

UVベールスノーパウダー

 
セリフ通信では、長く美肌を保てる情報を定期的にお伝えしてまいります。

それでは、また次回までごきげんよう♪